サーバ暗号化

革新的なサーバの暗号化 – アクセス制御と暗号鍵管理

すべてのクラウドプラットフォームに共通の鍵管理機能

サーバ暗号化、アクセス制御、暗号鍵管理

ウィンマジックの SecureDoc CloudVM は、業界でもっとも包括的な仮想マシンのフルディスク暗号とインテリジェントな鍵管理機能を提供します。このソリューションは、パブリック、プライベート、およびハイブリッドのクラウド環境で、お客様のデータを保護し、ボリュームおよびフルディスクに使用する暗号鍵は、お客様の組織によってのみ排他的に管理することができます。

SecureDoc CloudVM は、仮想サーバや主要なパブリックおよびプライベートクラウドまでを広範にサポートすることで、統一された暗号化導入をサポートします。仮想サーバや複数のクラウド環境に対して暗号化の一元管理機能を提供する SecureDoc CloudVM は、企業のセキュリティを強化し、暗号化のコンプライアンスを保証するとともに、管理の複雑さを低減して暗号化導入の妨げとなる課題を排除します。

企業各社は将来に向け、あらゆる重要データに対する保護を強化するため、クラウド環境や仮想環境への移行を進めてきました。一方で、データセキュリティを常に維持することは、特に管理者の時間、マンパワー、コストなどの点で多くの課題があります。

サーバ暗号化の課題を軽減し、データセキュリティを強化
SecureDoc CloudVMは、主要なセキュリティタスクを簡素化および自動化し、IT管理者の作業負荷を軽減しながら、最終的にコストを削減できます。たとえば、SecureDoc Enterprise Server(SES)を利用すると、完全にリモートで管理およびデプロイメントを行うことが可能で、これは、ウィンマジックのシームレスな暗号化および暗号鍵管理ソリューションに統合されています。

ウィンマジックのSESコンソールは、すべての仮想マシン、ワークロード、クラウドインスタンスを完全に可視化することができます。セキュアな仮想マシンを迅速に識別したり、注意すべき仮想マシンを特定することが可能で、エキスパートツールキットを使用して、迅速にコンプライアンス違反から回復することができます。

当社はセキュリティ業界のリーダーとして、クラウドセキュリティに対して独自のアプローチを取っています。サーバデータの真の暗号化は、データおよび暗号鍵に対する責任および管理をクラウド事業者ではなく、お客様自身のみが保持することにあると、当社は考えています。現在のクラウドサービスプロバイダ(CSP)モデルは、この目標にとって大きな障害となっています。このアプローチを採用すると、お客様の暗号鍵は、知らない間に、不正なCSPの管理者にアクセスされたり、サイド攻撃時に発見されたり、政府当局に開示される可能性があります。OS固有のセキュリティ、移植性やクラウドコンプライアンスの欠落、異なる複数のソリューションを管理する複雑さはすべて、多くのセキュリティギャップを増やすことにつながります。

セキュリティギャップを排除し、お客様のクラウドコンプライアンスを改善
SecureDoc CloudVM は、セキュアなプリブート認証ソリューションを必要とするお客様に最大限の柔軟性を提供します。SecureDoc Enterprise Server(SES)による認証は、期待される設置場所とデバイスからのみシステムの起動前に行われます。SecureDoc Enterprise Server(SES)のサーバポリシーエンジンにより認証プロセスは完全に自動化され、これによってアンロックされたリソースにアクセスできるようになります。

サーバの暗号化と暗号鍵管理は密接に関連しており、どちらもデータセキュリティでは欠かせないパートナーです。暗号鍵管理ポリシーは、企業で使用されるあらゆるプラットフォームで機能する必要があり、データが存在する場所を問わず、組織のデータを保護することができます。一方で、これらのソリューションは生産性を妨げる場合がありますが、ウィンマジックはそうではありません。

生産性と業務フローを推進
単一のエンタープライズ管理プラットフォームを活用して、あらゆるクラウドセキュリティ戦略に対応できます。サーバの暗号化ポリシーは、アクセスや閲覧を許可するユーザや場所に対して適用することが可能なため、データが企業の外に持ち出される場合であっても、常に不正なアクセスから保護されます。

社内データのコンプライアンス条件、適切なデータガバナンス、データ保護に関する法的要件は、同じポリシーエンジンを使用して適用することができます。また、本ソリューションは、お客様の従業員および重要データを保護しながら、ワークフローを改善します。

物理的なサーバセキュリティ

物理サーバは、悪意のある内部関係者や第三者の侵入による盗難や紛失から保護する必要があります。SecureDoc CloudVMは、シームレスにデータを保護するサーバ暗号化を備えており、暗号鍵を完全に管理することができます。包括的に可視化および管理することで、あらゆるコンプライアンス要件に対応しながら、データの安全性を確保します。

仮想的なサーバセキュリティ

サーバデータは、IaaSのハイブリッドクラウド環境であっても、包括的に暗号化することができます。SecureDoc CloudVMはポータビリティ機能を備えており、ワークロードを他のクラウドに移行した場合でも迅速かつ継続的に保護することができます。

幅広いパブリックおよびプライベートクラウドに対応

クラウド市場の大半は、パブリックとプライベートのいずれの環境も一部のベンダーグループによって占められています。ウィンマジックの SecureDoc CloudVM はグローバル市場の大部分に対応します。

よりシンプルにセキュリティに取り組む

ウィンマジックがどのようにシームレスで強固なセキュリティを実現できるのか、
デモをリクエストいただくか、弊社のセキュリティエキスパートにご相談ください。

メニュー